フランス スウェーデン 輸入車

ルノー(その2)/メガーヌ

ルノー/メガーヌ

 

FF車最速の称号を受けた高いポテンシャル

 

ヨーロッパでは、フォルクスワーゲンの「ゴルフ」に肉薄するほどの人気を誇る「メガーヌ」は、2011年に日本市場にデビューしました。

 

走行性能や装備面での安全性、快適性が十分に考えられており、後席の乗り心地も良く、コンパクトカーながらもロングドライブもしっかりとこなしてくれます。

 

ボディタイプは、「ハッチバック」と、そこから全長を240mm、ホイールベースを60mm伸ばしたワゴンタイプの「エステート」が用意されています。

 

それぞれに1200cc直噴ターボエンジンと6速EDCの組み合わせ、2000ccターボエンジンと6速MTの組み合わせが設定されています。

 

さらに「ハッチバック」には、ルノーのモータースポーツ部門が手がけた「メガーヌR.S.」があり、3ドア車で265psのハイパフォーマンス仕様となっています。

 

 

ルノー/メガーヌの追加情報

 

絞りこまれたリアビューなど個性的な外観の「ハッチバック」は、シンプルな中にも遊び心のあるインテリアが特色です。

 

サイトサポートがしっかりとあるシートで、大人4人が十分に快適に過ごせる空間を備えています。

 

1200ccを走らせると、デュアルクラッチの6速EDCが滑らかに加速してくれます。

 

さらにアクセルを踏み込めば、元気よくメリハリの効いた走りを楽しむことができます。

 

そして2000cc車は、専用シャシーでどっしりとした安定感がありつつも、カーブをしなやかに駆け抜けていく気持ちよさを感じることができるでしょう。

 

「エステート」では、そこに乗り心地の良さが加わり、ファミリーユースにもピッタリです。

 

そして「メガーヌR.S.」は、出足からパワフルかつ上質な加速フィールを味わうことができ、クルマを操る楽しさを満喫することができます。

 

 

価格帯

 

249.0〜396.0万円

 

 

JC08モード燃費

 

NO DATA