フランス スウェーデン 輸入車

プジョー(その3)/508

プジョー/508

 

余裕を感じさせるプジョーの最上級ライン

 

「508」は、現在のプジョーのフラッグシップモデルです。

 

セダンと「SW」と呼ばれるワゴンは、ともに存在感ある美しいスタイリングが魅力の1つと言えるでしょう。

 

また、快適装備も最上級車種にふさわしい充実ぶりとなっています。

 

なお、2014年12月の一部改良において、内外装ともにリフレッシュが図られました。

 

フロントマスクの高級感が増したこととともに、最新のアイシン製6速ATやアイドリングストップ、7インチタッチスクリーンなどを新たに採用しています。

 

日本市場に導入されたのは2011年になりますが、いまだに古さなどは微塵も感じさせることがありません。

 

 

プジョー/308の追加情報

 

内外装の高級感や質感については、プジョー史上最上と言っても過言ではないでしょう。

 

インパネは分厚いソフトパッドで覆われており、エアコンも前後左右それぞれの席において温度や風量が調整可能な4ゾーンタイプとなっています。

 

シートの座り心地は意外にも硬めでしっかりしたものとなっており、後席の足元の広さもひとクラス上のゆとりを感じることができます。

 

エンジンは1600ccターボで、これと最新の6速ATのトランスミッションを組み合わせたものとなっています。

 

タイヤのサイズは、「アリュール」が16インチ、「グリフ」が17インチとなっています。

 

おすすめは「アリュール」の方ですが、こちらの走りは、よりプジョーらしい猫足と呼ばれるしなやかで滑らかな乗り心地と、リニアな操縦性と軽快感を両立しおり、動力性能は穏やかです。

 

一方の「グリフ」の走りはやや硬めで、ダンピングの効いたエンジンより足が勝る味付けとなっています。

 

 

価格帯

 

2372.3〜462.1万円

 

 

JC08モード燃費

 

13.6km/L